なぜマンガは世界中で人気があるのか?

現在漫画は世界で人気を集めています。それはなぜでしょうか?

マンガはいつから始まったのか?

アメリカの日刊紙の4コマ漫画など、いろいろな影響がありますが、戦前から日本ではこの原理が取り入れられていました。マンガという言葉は、19世紀初頭に版画家の北斎が広めたもので、「自由画」という意味です。しかし、現代の漫画の創始者は、1952年にプロメテウス型の小さなロボット「鉄腕アトム」を生み出し、その漫画が後に漫画化された手塚治虫です。

漫画の特徴の一つは、聴覚だけでなく、視覚、身振り、心理的なものを含むオノマトペのシステムによって台詞が区切られていることで。

手塚は、ヒューマニズムに基づいた偉大な物語と現代社会への批判を通して、大きな目と小さな鼻と口を持つ、ある種の西洋的なモデルに従って表されるキャラクターのタイプを開発し、アメリカのコミックの影響から脱却したのです。また、コマ割りやアクションも自由自在で、グラフィック的な探索も多く、空間の利用もコミックより大胆とされました。

現在のマンガの売れ行き

日本では、マンガは最初、安くて重い定期刊行物に掲載されることを念頭に置いておくことが重要です。「少年ジャンプ」「少年マガジン」「少年サンデー」が3大週刊誌で、3大出版社が所有しています。物語は章ごとに掲載されており、連載の長さを説明している。例えば、「ドラゴンボール」、「ワンピース」、「NARUTO」など、海外で最も有名な作品の場合、80〜90巻に及び、毎週、毎週、毎年、新しいストーリーが展開される。そして、これらの作品は単行本として再び出版されます。

日本では、この出版前の売上が減少しており、1990年代には週600〜700万枚あったものが、現在では200万枚を切っています。これは、1960年代半ばに始まったサイクルの終わりの可能性が高いです。

現在では、保存しやすい書籍の形式が好まれるようになっているのです。例えば、ビジュアルノベルと呼ばれる、キャラクターが登場するグラフィックノベルは、紙媒体、ビデオ媒体、インタラクティブな媒体で、巨大な書店の通路をすべて使って販売されています。

フランスでのマンガの流通

フランスへのマンガの輸出は、いくつかの段階を経て行われました。最初は、1980年代に子供向け番組で放送され、多くの人が見たアニメがきっかけでした。当時、人々はそのアニメを暴力的で下品なものだと感じ、教師から多くの批判を受け、物議をかもしまし。しかし、この視聴者こそが成功の鍵でした。これらの子供たちは漫画に情熱を持ち、本や翻訳を買い求めるようになり、時には日本の大学に入学して専門家になるまでになったのです。

2010年代以降、外国語タイトルのフランス語への翻訳に関する統計では、日本語は2位にランクインしています。2016年、翻訳されたタイトルのうち、英語が約60%を占め、日本語は12.5%と、ドイツ語、イタリア語、スペイン語を大きく引き離しています。