なぜ日本では声優が人気なのか?

ヴィック・ミグノグナって知ってる?ブライス・パペンブルックはどうですか?ジョニー・ヨンボスは?J・マイケル・テイタムとか?クリストファー・ベビンズは?ピンときた?

これらはアメリカの声優で、日本のアニメを英語に吹き替えたり、土曜日の朝のアニメの声を担当したりしている人たちです。なぜか、アメリカでアニメを見るとき、誰の声を聞いているのか、あまり強調されません。視聴者にとっては、彼らはほとんど無名人であり、セレブでもありません。そういう人たちは「そこにいない」、つまり視聴者が実際に「見る」ことがないため、一生懸命やってもあまり評価されない。

しかし、日本ではまったく違う。

日本のアニメ産業は巨大で、世界のアニメの6割を生産しているようなものです。だから、声優の存在感もすごい。声優は、アニメやゲームのキャラクター俳優として幅広く活躍しています。一人の俳優を中心に国際的なファンクラブができることもしばしばで、特定の声優(神谷浩史、神谷浩史、神谷浩史)を聞くためだけに番組を見る人もいるz。声優の多くは、それ自体が有名人であり、アニメでの成功が元で音楽やライブのキャリアをスタートさせることも少なくない。

声優のキャリア

声優は歌の才能とセットになっていることが多いので、彼らがプロデュースしたアルバムがあってもおかしくはない。例えば、ヴィック・ミニョーニャは、クリスマスCDをはじめ、いくつかのシングルやアルバムを持っている。残念ながら、ミニョニャは普通ではないし、アメリカの声優のほとんどは音楽とは無縁である。

しかし、日本はその点、優れている。アニメとつながると、キャラクターソングや、キャラクターが歌うために作られた曲を見つけることができます。番組のオープニングやエンディングは、主演の俳優が歌っていたりします。ドラマCD、キャラクターソング、実写への出演、実写化など、日本では声優は多くのチャンスと露出を得ていますが、なぜかアメリカの声優には通じない。

確かに問題のひとつは、字幕の登場です。アニメに字幕をつければ、その分費用が安くなる。アメリカのアニメファンの多くは、アニメを母国語で見ることを好む。その理由は、その方がより本物らしいから、あるいは見たい番組が吹き替えのためにパスされるからである。吹き替え版と字幕版の比率はめちゃくちゃ小さいので、ほとんどのファンは日本語で見始め、その後振り返ることはない。最近では、アメリカのアニメ制作会社が公式サブタイトルをリリースするようになり、この分岐が促進されている。

また、ファンダムのコミュニティでは、吹き替えを好んで見る人が、日本語で見る人から「見下される」ことが多いのも興味深い現象だ。もちろん、好みが分かれるところでは、常に対立が生じます。

いずれにせよ、声優には多くの尊敬が必要です。自分の録音した声を最後に聴いたのはいつだろう?ほとんどの場合、あなたの声はあなたが望むほど美しくありません。