ゲームは日本では人気がある?

日本のゲーム産業はどうなっているのか? 最近、日本のゲーム産業が元気がないという話をよく耳にします。任天堂が3期連続の連結赤字に陥っていることも、業界不振のコンセンサスに関係していると思われる。かつて、任天堂をはじめとする日本企業は、世界のゲーム市場を席巻していた。しかし、近年は米国を中心とする海外勢がシェアを伸ばし、技術的にもリードしている。 しかし、見方を変えれば、日本のゲーム産業は衰退どころか、世界の中心的存在として輝きを放ちつつあるとも言える。ソフトパワーが脚光を浴びているのです。その中で、暗いコンセンサスに惑わされることなく、日本のゲーム産業の強さを再認識する必要があるのではないでしょうか。今回は、ゲーム産業の現状を俯瞰し、日本的なアイデンティティを論じながら、全体像を考えてみたい。 ゲーム機の長期的な需要減退 日本のゲーム市場は、1983年の任天堂の「ファミリーコンピュータ」以降、順調に拡大し、1997年にはハードとソフトの合計で年間売上高が7,500億円を突破した。しかし、その後は衰退期に入り、2013年時点では4000億円強まで落ち込んでいます。一方、世界的に見ても、日本企業のシェアは13%程度にとどまっている。つまり、ゲーム機市場は長期的に衰退し、かつての主役であった任天堂は赤字に転落してしまったのです。 世界のモバイルゲーム市場でもトップクラス しかし、もう一つの面では、日本のゲーム産業は衰退しているのではなく、むしろ日本的な繁栄を遂げているのです。ゲーム機には大きく分けて、テレビに取り付ける家庭用ゲーム機と、携帯型ゲーム機の2種類があります。海外では携帯型は20%程度に過ぎないが、日本では50%以上のシェアがある。携帯機の人気を支えているのは、「ポケモン」や「妖怪ウォッチ」などの大ヒットゲーム。また、日本ではソニーのウォークマンのような小型軽量の電子機器が好まれ、通勤中にゲームをする習慣があるため、携帯機が売れているという説もよく聞く。 そして、このような携帯文化が根付いた日本は、今やモバイルゲーム(スマートフォンなどの携帯電話で遊ぶゲーム)市場において、世界をリードしています。米国の大手調査会社International Data Groupによると、2013年のモバイルゲームの世界市場は147億ドル。1ドル=120円で換算すると1兆7,640億円となる。つまり、日本国内の約5500億円の市場は、世界全体の約3分の1を占めていることになります。 日本でiPhoneが発売されたのは2008年。翌年には国内大手SNSのミクシィがソーシャルゲームサービスを開始し、当時約230億円しかなかったモバイルソーシャルゲーム市場はその後大きく拡大しました。日本のゲーム産業の活力は、ここ数年で家庭用ゲームからモバイルゲームにシフトしているのです。

とびだせ どうぶつの森 みんながやりたがるかわいいゲーム

新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、安全な社会的距離を置くことを実践している多くの人々にとって、テレビゲームに夢中になることは自然な気晴らしと言えます。 今、人々が夢中になっているゲームのひとつが「とびだせ どうぶつの森」です。 ではどうぶつの森がどのようなゲームかを解説していきます。 どうぶつの森とは? イースターに開催される「うさぎの日」の司会を務めたジッパー・T・バニーをはじめ、たくさんの動物たちがおしゃべりする大人気のライフシミュレーションゲームシリーズです。 プレイヤーは一人の人間となり、その隣人にはさまざまな動物たちがいます。虫取りや魚釣り、植木や動物たちとのふれあいなど、プレイヤーは自分の好きなようにゲームを進めることができます。 のんびりと楽しめるゲームとして人気を集めているのです。 あなたの物語がここにある。 どうぶつの森は、決して伝統的なビデオゲームではない。戦うべき敵がいるわけでもなく、指示されたクエストがたくさんあるわけでもない。むしろ遊びの空間であり、収集と自己表現の領域なのだ 。 その非伝統的なアプローチは、明らかにゲーマーの心に響いたようです。ゲーム機の時計やカレンダーを駆使し、木が育ち、花が咲くという現実の時間をシミュレートしたノンリニアシリーズは、全世界で3000万本以上のセールスを記録しています。日本国内では、誰もが一度はプレイしたことがあるといってもいいでしょう。 New Horizonsってどんなところ? プレイヤーのキャラクターは、シリーズ全作品に登場する日本タヌキのトム・ヌックから無人島旅行パッケージを購入します。 プレイヤーは島を非線形のまま探索し、アイテムを集めたりクラフトしたり、農業や釣り、虫取り、木や花を植えたり、家具を作ったりして、擬人化した動物たちが暮らす島の共同体を作り上げていくのです。 ゲーム開始時には、プレイヤーはテントと2匹の動物仲間しか持っておらず、喋る動物がいる村は存在しない。 プレイヤーは、雑草を抜いたり、魚を捕まえたりして、ヌークマイルを獲得する必要があります。マイルは家具や道具などのアイテムと交換し、島の生活環境をグレードアップさせることができる。 ゲームをどんどんプレイして、島を盛り上げていくのがゲームの目的です。特にゴールはないので、ひたすらのんびりとゲームをプレイしましょう、 とびだせ どうぶつの森ニューホライズン 「とびだせ どうぶつの森 New Horizons」は、「どうぶつの森」に続くシリーズ5作目です。 また、『とびだせ どうぶつの森』のスピンオフゲームが3本発売されています。ニンテンドー3DS用ソフト『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』、『どうぶつの森』、『とびだせ どうぶつの森』です。Wii U版『どうぶつの森 amiiboフェスティバル』、『どうぶつの森』です。携帯端末向けには「ポケットキャンプ」があります。 まだプレイしたことがないという人は、今すぐどうぶつの森を試してみましょう。 プレイ方法 では、実際に『どうぶつの森』を遊ぶにはどうしたらいいのでしょうか? どうぶつの森は、最大4人まで遊ぶことができます。1人のキャラクターが “リーダー “となり、グループの行動を決める「パーティプレイ」、ワイヤレスプレイでは最大8人まで同時にプレイできます(Nintendo Switch Onlineへの加入も必要です)。 また、空港を建設したら(通常3日目)、他のプレイヤーが作った島を訪れることができ、プレイヤーが設定したプライベートコードを使って、自分の島にも他のプレイヤーを招待することができます。この機能を利用して、誕生日会が中止になった代わりに、ゲーム内でお祝いを企画するなど、先進的なプレイヤーたちが活躍しています。このコードは、若いプレイヤーをネット上の犯罪者から守ることにも役立っています。ある人のプライベートアイランドコードを知らない人が、ゲームを通じて誰かと交流することは難しいのです。