eスポーツの大会はどこでストリーミングできる?

esportsストリーミングを見る楽しみ方は、この10年でかなり変わってきています。最近では、Esportsストリーミングはレイテンシーだけでなく、ほとんどがエンターテイメントメディアとしてのインタラクティブなesportsストリーミングの新鮮なテイクを提供しています。では早速みて行きましょう。

TWITCH

Twitchは、Esportsのストリーミングプラットフォームとしては最大規模であり、Esportsのストリーミング業界では最高峰として長い間賞賛されてきた。時折、Twitchのポリシーにまつわる騒動はあるものの、そのプラットフォームには、ゲームコミュニティで有名な忠実なパートナーストリーマーが収容されており、素晴らしい仕事をしている。

現在、Twitchでは、League of Legends、Fortnite、Counter strike global offensive、Overwatch、Dota 2、Apex Legends、World of Warcraftなど、さまざまなゲームコンテンツを視聴することが可能です。つまり、Twitchは、世界で最も重要で、最もプレイされ、最も視聴されているゲームと、その周辺の最も関連性の高いイベントを実質的にカバーしているのです。

 STEAM TV

Steamは、Counter-Strikeを含むいくつかのEsportsタイトルを開発した会社です。Global OffensiveやDota 2を開発したSteamは、ゲームコミュニティがライブスクリーンプレイを行い、ゲームコンテンツをネイティブに共有できるように、率先してEsportsストリーミングプラットフォームのゲームに参加しました。

この拡張性の高いプラットフォームは、Google Chromeを通じたプライベートグループ用のボイスチャットオプションを含むシンプルなチャット統合により、コンテンツ作成者と視聴者間のコミュニケーションに配慮し、フォーラムベースのEsportsプラットフォームとして驚異的に機能しています。しかし、Steam TVは、DotA 2 The InternationalとCS:GOメジャー大会という独自のEsportsトーナメントを公然と取り上げているに過ぎない。

ゲームローンチ

Steamが自社のプラットフォームを通じてesportsのストリーミングを率先して利用したように、Blizzard Entertainmentなどの他のブランドも、自社のゲームランチャーにストリーミングモダリティとライブイベントを率先して追加しています。

これにより、お気に入りのゲームにアクセスするために普段使用しているデスクトップ・プログラムを通じて、オーバーウォッチやWorld of Warcraftのニュースを見たり、他のプレイヤーをフォローしたり、オーバーウォッチ・オープンなどのライブイベントを楽しんだりすることができるようになりました。

フェイスブックゲーミング

FacebookとGoogleのライバル関係はビジネスレベルでは非常に悪名高く、YouTube GamingがEsportsストリーミング市場に参入した後も予想された通りでした。Facebookは、「フォロー」システムを導入することで、現在のFacebookのエコシステムにおいて、より多くの視聴者を集める機会を得ました。スワイプするだけで専用のセクションがあり、友達のトーナメントやゲームプレイを直接フィードで見ることができます。

一方、Facebookはトーナメントの面ではYouTubeより少し積極的で、ESLと契約してCounter-Strikeなどのゲームの独占権を獲得しています。Global OffensiveやDota 2などです。

ユーチューブ

FacebookがEsportsストリーミングプラットフォームのトップクラスになるために積極的な努力に頼ったのに対し、YouTubeは取り残されることを望まず、esports業界の成長のシェアをうまく利用したのです。YouTube Gamingでは、Googleは、プレイヤーがライブ形式でゲームプレイを提供するスペースを専用に用意し、この戦略を実行する前にYouTubeがすでに持っていたコンテンツを求める多数のコンテンツクリエイターやプレイヤーを活用したのである。

現在に至るまで、YouTubeで最も視聴されているゲームはFortniteで、視聴されたコンテンツ全体の再生回数は670億回を超えています。しかし、最近では、MinecraftやRobloxのゲーム動画が、依然として同プラットフォームで最も人気のある動画の上位にランクインしています。